セミリタイア達成のための試算と目標額の修正、今後の見通しについて【CoastFIREからBarista/Side FIREへの移行】

お金術

前回FIREの種類について検討し、今回は、目標額の修正を行っていきます。

まず最初は、キャピタルゲイン投資によるCoastFIREについて考えてみます。

必要となる老後資金

老後資金を計算にするにあたっては、下記の前提をもとに算出しています。

61〜100 歳まで生きる

基本生活費 95,000円✖️12カ月✖️40年 = 45,600,000円

住居関連費(住宅ローン)90,000円✖️12カ月✖️12年 = 12,960,000円

車両費 今の実績により年間 245,000円✖️40年 = 9,800,000円

その他支出(交際費、冠婚葬祭費等)今の実績により年間 69,8000円✖️40年 = 27,920,000円

贅沢費 50,000円✖️12カ月✖️40年 = 24,000,000円

合計120,280,000円

ここから年金額を引きます。

年金額は二人合わせて月150,000円を見込みます。実際はこの金額よりは多いと思いますが、計算上最低ラインで試算します。

150,000円✖️12カ月✖️12年

合計72,000,000円

老後資金としては 120,280,000円 ➖ 72,000,000円  = 48,280,000円

必要となる教育資金

自分たちは地方に住んでおり、中学校までは公立の学校に行くのはまず間違いありません。おそらく高校も公立の可能性が高いです。

そのため教育資金として準備するは大学の資金とし、高校までの資金は日々のキャッシュフローでまかないます。

大学にかかる費用として、下記を見込みます。

一人当たり

授業料 年間1,500,000円✖️4年間

仕送り 100,000円✖️12カ月✖️4年間

合計 10,800,000円 

二人では

合計 10,800,000円 ✖️ 2人分 = 21,600,000円

年齢別のCoastFIREに必要となる資金

年齢別のCoastFIREを試算するあたっては、次のような前提をもとに行っていきます。

運用の前提

投資の利回り7%

物価上昇率 3%

CoastFIREのため、運用中の追加積立はなし

取り崩し等の条件

長女が大学に入学する50歳時点で10,800,000円を取り崩す。

次女が大学に入学する53歳時点で10,800,000円を取り崩す。

61歳時点で 48,280,000円の資産を保有している。

計算結果

61歳時点で48,280,000円の資産に達するには

53歳時点で上記の運用の前提で試算すると36,210,533円が必要となります。

実際には、10,800,000円の取り崩しを行って、36,210,533円が残っている必要があるため、

資産としては47,010,533円に達している必要があります。

同じように、50歳時点で上記の運用の前提で試算すると41,702,451円が必要となります。

実際には、10,800,000円の取り崩しを行って、41,702,451円が残っている必要があるため、

資産としては52,502,451円に達している必要があります。

ということで、50歳時点で52,502,451円に達するということを目的に、年齢別の必要となる資産を計算すると下記のとおりです。

年齢運用できる期間目標資産
361528,841,374
371430,016,417
381331,239,332
391232,512,070
401133,836,662
411035,215,220
42936,649,942
43838,143,117
44739,697,127
45641,314,449
46542,997,663
47444,749,455
48346,572,616
49248,470,057
50150,444,801
目標資産と年齢

現状との差とCoastFIRE達成の見込み

キャピタルゲイン投資として行っているソニー生命変額年金保険については、2021年8月現在、24,681,833円となっています。

36歳時点で28,841,374が目標資産となるため、4,159,541円が不足しています。

以前作成した資産の見通しから、キャピタルゲイン投資として行っているソニー生命変額年金保険部分だけ抜き出すと下記のようになります。

西暦年数ソニー生命一時金ソニー生命積立金合計
2017年1年目12,100,000759,27512,859,275
2018年2年目13,310,0001,594,47714,904,477
2019年3年目14,641,0002,513,19417,154,194
2020年4年目16,105,1003,523,78619,628,886
2021年5年目17,715,6104,635,43722,351,047
2022年6年目19,487,1715,858,25125,345,422
2023年7年目21,435,8887,203,34728,639,235
2024年8年目23,579,4778,682,94732,262,424
2025年9年目25,937,42510,310,50636,247,931
2026年10年目28,531,16712,100,82240,631,989
2027年11年目31,384,28414,070,17045,454,454
2028年12年目34,522,71216,236,45750,759,169
2029年13年目37,974,98318,619,37156,594,354
2030年14年目41,772,48221,240,58263,013,064
2031年15年目45,949,73024,123,91570,073,645
2032年16年目50,544,70327,295,57977,840,282
2033年17年目55,599,17330,784,40886,383,581
2034年18年目61,159,09034,622,11795,781,207
2035年19年目67,274,99938,843,601106,118,600
キャピタルゲイン投資の見通し

目標資産と資産の見通しを組み合わせると次のようになります。

目標資産と資産見通し
年齢運用できる期間目標資産見通し
361528,841,37422,351,047
371430,016,41725,345,422
381331,239,33228,639,235
391232,512,07032,262,424
401133,836,66236,247,931
411035,215,22040,631,989
42936,649,94245,454,454
43838,143,11750,759,169
44739,697,12756,594,354
45641,314,44963,013,064
46542,997,66370,073,645
47444,749,45577,840,282
48346,572,61686,383,581
49248,470,05795,781,207
50150,444,801106,118,600
目標資産と資産見通し

まとめると、39歳から40歳くらいに資産が目標額を超える見込みです。

CoatFIREを目指す場合は、年によって目標額は異なります。

自分の場合は、目標の資産を超える見込みとしては、2025年、40歳で、キャピタル投資部分が36,247,931円となります。

Barista/Side FIREのために必要となる資産

運用の前提

次にBarista/Side FIREの目標額を考えてみます。

年間の生活費については、もちろん子育て期間や高齢になった時などのフェーズによって変わってきますが、ここは便宜的に360万円(月30万円)とします。

(年間の生活費については、こちらの記事で検討しています。)

目標はシンプルで、夫婦2人で副業も合わせて月10万円ずつ稼ぐ。(具体的な稼ぐ割合や金額は、扶養制度や税金のことを考慮し別途検討します。)

配当金を年間120万円(月平均10万円)頂戴する。

合わせて年間360万円。

ということで、年間120万円の配当金を手に入れるにはどれくらい投資を行えばよいかですが、以前早見表としてまとめています。

運用口座と配当利回りの条件

自分の場合は、高配当株投資はNISA口座に全振りしています。

なので、仮に夫婦二人分のNISA枠口座を全て高配当株投資に回し、その上で配当金100,000円に達するために追加で特定口座で運用することとします。

また、配当利回りの条件として、日本株:米国株 = 5 : 5 で投資したとして、配当利回りを4%とします。

計算結果

NISA口座については、

1,200,000円✖️5年間✖️二人分 =12,000,000円

が非課税で運用が可能です。
条件のとおり、日本株:米国株 = 5 : 5 で投資したとして、配当利回りを4%とすると、

日本株 240,000円
米国株 216,000円
合計 456,000円

となります。月100,000円を目指すと、年1,200,000円となるので、残り744,000円を特定口座の運用でいただく必要があります。(配当控除は考慮しない。)

日本株、米国株で半分(362,000円)づつを配当でいただくとすると、その元金は

日本株 11,625,000円
米国株 13,285,714円
合計 24,910,714円

NISA口座と合わせると、

NISA口座 12,000,000円
課税口座 24,910,714円
合計 36,910,714円

となります。

ということで、配当金月100,000円をもらいながらBarista/Side FIREを達成するためには、36,910,714円が目標の資産額となります。

目標額のまとめ

これまでの結果をまとめると、36歳時点の目標の資産額は、

CoastFIREのための資産 28,841,374円
Barista/Side FIREのための資産 36,910,714円
合計 65,752,088円

となります。

当初考えた目標の資産額からかなりの増額となりました。

以前の資産の時より、配当利回りを保守的にしたりしていますが、なかなか現実的な目標になっていると思います。今後はこの目標額をもとに達成率などを出しながらモチベーション維持して頑張っていきます!

コメント

  1. […] CoastFIREを達成のための試算と目標額、今後の見通しについて前回FIREの種類… […]

  2. […] CoastFIREを達成のための試算と目標額、今後の見通しについて前回FIREの種類… […]

タイトルとURLをコピーしました