住宅ローン、ネット銀行VS地方銀行

ジェットコースター お金術
ジェットコースター

住宅ローンを選ぶ際の参考に、ネット銀行と地方銀行について調べてみました。

ネット銀行

ネット銀行については、スゴい住宅ローン探しモゲチェックで調べみたところ、下記の2つがランキング上位です。

窓口での住宅ローン、ミスター住宅ローンREAL(マネープラザONLINE)

金利 0.390%

保証 団信・全疾病保証付き

お借入期間:1年以上35年以内

保証料:なし

事務取扱手数料:お借入金額の2.20%(税込)に相当する金額

つなぎ融資:可

変動金利(当初引下げプラン)の特約期間はお借入れから60ヵ月経過した後の6月または12月(いずれか早い方)の返済日までです。特約期間終了後は特約期間終了後の引下げ幅が適用となります。なお、特約期間中に「固定金利特約タイプ」に変更された場合には特約期間終了後の引下げ幅となります。

住信SBIネット銀行 住宅ローン | マネープラザONLINE
金利の違いでこんなに変わる!?「対面相談」で不安解消!住宅ローンの新規お借入れ・お借換えをご検討中のかたはぜひ、お気軽に相談ください。

みずほ銀行ネット住宅ローン

金利 0.375%

保証 団信・死亡、高度障害状態のみ(金利上乗せにより8大疾病補償等)

お借入期間:1年以上35年以内

保証料:以下の3種類のお支払方式からいずれか

  • ①保証料を一部前払いする方式
  • お借入時に一括して所定の保証料の一部をお支払いいただきます。
返済方式元利均等返済元金均等返済
5年45,800円 ~ 160,290円43,060円 ~ 150,640円
10年85,440円 ~ 299,090円76,060円 ~ 266,330円
15年119,820円 ~ 419,450円102,100円 ~ 357,370円
20年148,340円 ~ 519,280円122,770円 ~ 429,670円
25年172,540円 ~ 604,060円139,300円 ~ 487,630円
30年191,370円 ~ 669,820円152,750円 ~ 534,600円
35年206,110円 ~ 721,470円163,720円 ~ 572,930円
保証料
  • 保証料を前払いしない方式(金利上乗せ型)
  • 保証料はお借入金利に含まれます。
  • お借入時に一括して保証料をお支払いいただく必要はありません。この場合、「保証料を一部前払いする方式」の金利に年率0.2%上乗せした金利が適用されます。
  • お申込時に「保証料を前払いしない方式(金利上乗せ型)」をお選びいただいた場合でも、審査結果により、「保証料を一部前払いする方式」に変更させていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。
  • ③保証料を前払いしない方式(ローン取扱手数料型)
  • 保証料はお借入金利に含まれます。
  • お借入時に一括して保証料をお支払いいただく必要はありません。この場合、みずほ銀行へ住宅ローンのお手続きにかかる事務費用相当としてローン取扱手数料(お借入金額の2.2%)をお借入時に一括してお支払いいただきます。この方式において、繰上返済時のローン取扱手数料の返戻はありません。

事務取扱手数料:33,000円

つなぎ融資:不可、分割融資が可能?

みずほネット住宅ローン 新規お借り入れをご検討の方へ|みずほ銀行
お借り換えの方専用のみずほ銀行ネット住宅ローンをご紹介します。3つの安心・3つの便利・3つの0円で、安心と金利をいいトコ取りしたネット住宅ローンです。店頭にて無料相談もできます。

ネット銀行のまとめ

SBIネット銀行では、金利が0.02高いですが、

全疾病保障(ての病気やケガで、12ヶ月以上就業不能状態が継続又は180日以上入院した時に住宅ローン残高が0円になる)

が、みずほ銀行に比べて追加でついているようです。

結論、一番金利が安いのはみずほ銀行。

ただし、保障を手厚くしたい場合は、SBI銀行が選択肢になる。

ということがわかりました。

また、そもそも我が家の場合、注目住宅でつなぎ融資が必須ですが、みずほ銀行のネット専用住宅ローンはつなぎ融資に対応していないとのこと。ただしホームページでは分割融資が可能と文言がありこのことについては確認が必要です。

この他、auじぶん銀行の方も、金利が0.31という低金利ですが、au銀行では、「auモバイル優遇割」(0.07%)、「じぶんでんき優遇割」(0.03%)の引き下げ分を加味した金額となっており、この優遇割を利用しないまたは出来ない場合は、+0.1%で計算する必要があります。

地方銀行

金利 0.35%(3年間)4年目以降0.8%

保証 団信・8代疾病保証付き

お借入期間:1年以上40年以内

保証料:なし

事務取扱手数料:お借入金額の1.10%(税込)に相当する金額。建物完成前の融資実行のため、司法書士への権利設定が2回必要。

つなぎ融資:注文住宅であっても、建物完成前に融資実行が可能であり、つなぎ融資は不要。

まとめ

一般的にネット銀行は、低金利を実現するために比較的多くの安定的収入がある人以外は審査が通りにくい。一方で地方銀行は金利が高めだが、それ以外の人でも対面しながら相談することで審査が通りやすくなる、といった特長があります。

我が家では、SBIネット銀行を第一候補としていますが、コロナ流行の中、県外の対面ブースまで行かないといけないというネックがあります。

とりあえず、金利が安いみずほ銀行の分割融資を確認して、SBIネット銀行とを比較していきたい思います。

書いてて思ったのですが、SBIマネープラザオンラインは、対面が必要なので、ネット銀行というよりは、地方銀行に近いですね・・

住宅ローンの金利意味
店頭金利や基準金利(※)「短期プライムレート」(銀行が短期の貸し出しを行う際の最優遇貸出金利。以下「短プラ」)をもとに決まる
(変動金利型の場合)
適用金利借り入れるときに実際に適用される金利
実質金利手数料や保証料などの諸経費を金利に換算して適用金利に加えたもの
参考:SUUMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました